三菱が日産の傘下へ。自動車業界再編の呼び水となるか?

 

燃費データ不正問題で、連日ニュース市場を賑わしていた三菱自動車。そんな中、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

 

2011年から軽自動車部門( ekワゴンデイズ)で三菱自動車と協力関係にあった日産自動車が、現在、三菱自動車の株式の3分の一を保有している三菱グループ(三菱重工業、三菱商事、三菱東京UFJ銀行)を抜く2,000億円超の出資を行い、事実上傘下に収めるというニュースです。

 

両社(日産自動車はルノーも含む)の世界販売台数を合計すると、トヨタ自動車やドイツのフォルクスワーゲンに迫る巨大規模となり、今回の日産自動車の出資による動きが、今後の自動車業界再編の呼び水になる事が予想されます。

 

今回、日産自動車が三菱自動車を事実上傘下に収める狙いとはどんな事があるのでしょうか。

 

三菱自動車側の狙いとしては、一連の不正問題をキッカケにした販売台数の落ち込みが大きく収益が見込みにくい状況の中、傘下に入る事で、これまで培ってきた車両開発技術の維持や研究を続けたいなどが考えられます。

 

一方の日産自動車側の狙いとしては、タイなどに生産工場を配置して東南アジアを主な市場としている三菱自動車の販売力を吸収し、海外での販売を強化したいなどが考えられます。

※三菱自動車に限らず、日本車は海外での需要は強く、海外での生産や販売に力をいれている自動車メーカーは多いです。

 

今後、自動車ユーザーとして気になるのは「三菱ブランドの車種は販売され続けるのか」「ekワゴンデイズの様な共同開発車は今後出てくるのか」という事ではないでしょうか。

 

いずれにしても、今後大きく自動車業界が動く可能性は出てくるでしょう。

 

三菱製の車を「非公開価格」でお得に買えるかも?

実は、インターネットなどで紹介されている車以外にも「買える車がある」事、ご存じですか?

それはズバリ、「非公開情報車」です。

 

実は、一般には約3割ほどしか車情報は出回っていません。

それ以外の「非公開情報車」も車探しの参考に加えると、希望の車が見つかる確率がグッと上がります!!

なかなか一般市場には出回らない、「 アウトランダー」や「 デリカD5」などの「非公開情報車」も、下の「(無料)非公開車両をチェック!」内にいる専門のプロがしっかり見つけてくれるので、効率よく車探しが出来ますよ!!

ekワゴンやデイズなどの「売り時」はいつ?

今回の問題に該当したekワゴンデイズなどは、ユーザー離れで販売台数の減少するなどが原因で、急激に価値が下がり売却時に損をする可能性があります。

そうならない為にも、最新の査定額と愛車の価値が分かる、下の「(無料)一括査定スタート!」をする事をおすすめします!!

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット

コメントを残す