日産の新車販売好調!2月の新車販売台数発表

2018年2月の普通自動車・軽自動車の
新車販売台数が発表されました。

いつもの顔ぶれが揃う中、ニューモデルも
順調に販売を伸ばしているようです。

 

◆総合

N-BOXが11月以来の2万台を超える
販売台数となりました。

次いで日産デイズシリーズ、ノートと
続きました。
先月に次いで日産で2位と3位を取る
結果となりました。

日産の販売がここ数か月で復活を
遂げたといえます。

 

◆新車販売台数(普通車)

前年同月比92%と下回っているものの、
ノートが2か月連続で1位
とりました。2014年以降取ったことが
ありませんでした。
また、リーフも2018年に入って3000台を
超えており、不正問題以降から去年までの
販売台数に戻ってきていることが
わかります。

ミニバンにおいてもトヨタのヴォクシーや
シエンタ、ホンダのフリードを抜いて
セレナ2か月連続で1位となりました。
e-powerの登場でさらに伸びるのかが
3月以降の動向が楽しみです。

SUVにおいては2017年1月よりC-HRが1位を
守り続けています。
先月マイナーチェンジしたヴェゼルが
先月よりも台数を伸ばしています。
また、新型のマツダのCX-8やスズキの
クロスビーも販売が伸びてきています。
3月に販売開始になったエクリプスクロスも
ここに食いついて行けるかが今後の
見どころとなりそうです。

セダンはカムリが好調を維持しています。
そして、2017年12月にリニューアルした
レクサスのLS500,LS500hも2か月連続で
2000台を超えています。

 

◆新車販売台数(軽自動車)

N-BOXが1位をキープしていますが、
今月注目するところはスペーシアが
3位に浮上してきたことです。
モデルチェンジの影響もありますが、
TOP3の定番だったダイハツのムーヴや
タントを抜いていることを考えると、
プロモーションも積極的に行って来たことも
甲斐あって今回のモデルチェンジが
成功したといえます。

 

◆まとめ

日産が本来の販売台数に戻ってきて、
普通車ではトヨタ、ホンダ、日産の戦いが、
軽自動車ではホンダ、ダイハツ、日産に
スズキも加わってますます販売商戦が
白熱していきます。

今回の結果をふまえて、これから車の購入を
検討されている方は値引きの交渉材料に
しましょう。

ライバル車を比較して欲しい車よりも他車が
良いと思っているとなるとオプションなどの
追加をしてくれたりします。

3月が決算月というところも多いので値下げや
オプションの追加を狙ってみましょう。
値引き等には限界があるので粘る場合は
納車までの期間とも駆け引きですし、
お客が多いと後回しにされてしまいますので
ディーラーの雰囲気を見ながら交渉を
進めましょう。

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット