1月の新車販売台数1位は? 日産の逆襲は・・・

1月の新車販売台数が発表されました。
3月の決戦を目前の準備運動として
ここで勢いをつけたいところです。

各メーカーとも売れていることを
アピールしてディーラーに足を運んで
もらいたいところです。

N-BOXの独壇場となるか、
さっそく見てみましょう。

 

◆新車販売台数

順位 ブランド通称名 ブランド名 台数
1 ホンダ N-BOX 19,309
2 日産 デイズ 14,843
3 日産 ノート 12,444
4 ダイハツ タント 12,125
5 ダイハツ ムーヴ 11,342
6 スズキ スペーシア 10,399
7 スズキ ワゴンR 10,065
8 トヨタ プリウス 9,264
9 トヨタ アクア 8,741
10 日産 セレナ 7,823

N-BOXがダントツで1位となりました。
次いで普段ならここで普通自動車が
ランクインしますが、日産の軽自動車の
デイズがランクインしました。

そして3位に日産ノートがランクインし、
みごと復活を遂げました。

TOP5には入っていたトヨタがここにきて
最上位が8位と下がってしまいました。

 

◆新車販売台数(軽自動車)

順位 ブランド通称名 ブランド名 台数
1 ホンダ N-BOX 19,309
2 日産 デイズ 14,843
3 ダイハツ タント 12,125
4 ダイハツ ムーヴ 11,342
5 スズキ スペーシア 10,399
6 スズキ ワゴンR 10,065
7 ダイハツ ミラ 7,498
8 スズキ アルト 5,839
9 ホンダ N-WGN 5,225
10 スズキ ハスラー 5,109

軽自動車1位はやはりN-BOXでした。
モデルチェンジしてもなお劣ることのない
人気です。新生活商戦を考えるとこの流れは
5月くらいまで続きそうです。

次いで久しぶりに日産デイズが2位に
戻ってきました。昨年の不正問題から復活を
遂げることができました。

台数も1.4万台と好調で、前月の159%、
昨年同月では130%と増加しました。
ここにきて日産の反撃が始まったと
いえるのではないでしょうか

次いで、タント、ムーヴと続きました。

注目するのは日産だけではありません。
モデルチェンジをしたスペーシアも1万台を
超える台数を販売しており、CMなどの
プロモーションが結果に結びついたと
いえます。

トレンドとしてトール系ハイトワゴンの
流れはまだまだ続きそうです。

 

◆新車販売台数(普通自動車)

順位 ブランド通称名 ブランド名 台数
1 日産 ノート 12,444
2 トヨタ プリウス 9,264
3 トヨタ アクア 8,741
4 日産 セレナ 7,823
5 トヨタ ヴォクシー 7,284
6 ホンダ フィット 7,013
7 トヨタ シエンタ 6,635
8 トヨタ ルーミー 6,616
9 ホンダ フリード 6,050
10 トヨタ タンク 5,637

ノートがプリウスに3000台差をつけて
1位となりました。
ノートだけが1万台を超える結果と
なりました。また、セレナが4位に
急浮上しました。
e-powerの発売が期待されており、
今注目の1台となっています。

また、ルーミー・タンクの売り上げが
堅調で容量が多く使い勝手がいい車種が
普通車のトレンドとなってきています。

 

◆まとめ

日産が復活を遂げました。しかし、リーフの
売り上げが思った以上に伸び悩んでいます。
リーフの販売台数向上が日産の反撃のキーと
なりそうです。

来月の注目はやはりSUVのクロスビーや
CX-8がニューモデルとしてどこまで
伸ばせたのかという点です。
昨年のC-HRのように常にTOP10入りできる
存在となるか楽しみです。
すでにCX-8は受注が好調で、クロスビーも
お手頃SUVとしてこれから伸びてくることが
予測されます。

みなさんも自分が欲しい車がどのくらい
売れているのかを知って購入の参考に
してみてください。

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット