SUVブームに黄色信号?

SUVブーム到来といわれた2017年ですが、
実際にSUVの販売台数が2016年よりも
増加しました。その要因と2018年も続くのか
探ってみましょう。

 

◆2017年販売台数

2016年に比べると121.7%と増加しました。

特に貢献したのはC-HRといえます。
2016年12月に登場するや、新車販売台数で
1位を取るなどSUV人気に火をつけた1台と
いえるでしょう。

C-HRに負けじと追従していたのが
ヴェゼルです。
C-HRにSUVのTOPの座を奪われたものの、
安定して売れているのでSUV人気を
支えしています。

 

◆今年の注目は・・・

2018年、C-HRは好調を維持できるので
しょうか。しかし、好調なC-HRを
脅かすこの4台にも注目です。

<ホンダヴェゼル>

近年SUVをけん引してきたヴェゼルが
2月にマイナーチェンジをします。
細かな調整が行われますが、爆発的に
売れるということは無いでしょう。

しかし、発売から5年が経つこの年に
モデルチェンジも考えられます。
販売台数も減少傾向となっていることや、
買い替えの時期になるため、
ここでモデルチェンジを行って
既存ユーザーの囲い込みを図りたい
ところです。

<スズキクロスビー>

昨年の12月に登場したコンパクトSUVです。
4WDで様々なシチュエーションに
対応できるのに本体価格が200万円切る
というお手軽さと特徴のあるデザインから
女性受けしやすい車種となっています。

1月の販売台数はTOP30に入りません
でしたが、2月以降の動向によっては
C-HRを脅かす存在となることでしょう。

 

<マツダCX-8>

昨年の12月に登場した3列SUVです。
CX-3、CX-5が伸び悩んでいる中、
1月の段階で1万台を超える受注を
受けています。価格はC-HRなどに
比べると効果ですが、「プレミアム」を
演出する内装で、差別化を行っています。

 

<三菱エクリプスクロス>

2018年3月に登場するニューモデルです。

現在、ナイトショールームと称して、
夜に生配信されており、
エクリプスクロスの魅力について
語られています。

まだ、実車でのデータが少なく、
どのようなクルマに仕上がっているのか
わからないところもありますが、
RVRやパジェロよりも売れる可能性を
持っています。

 

◆まとめ

2018年1月ではC-HRが5千台と減少傾向に
あります。ミニバンに押されつつあるので
ニューモデルに後押しできるか注目です。

2018年はどのようなSUVが1位になるのか、
2018年も販売台数が増加するか各メーカーの
プロモーションの力の入れ方にも注目して
みましょう。

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット