コンパクトSUVの長所短所を知って賢く買おう

家族や友達とアウトドアといえばSUV!!
そのなかでも比較的全長が短い
コンパクトSUVが注目されています。

車種の長所短所を知っていきましょう。
何も知らずに試乗しに行くよりも少し知識を
入れて試乗した方が購入後のギャップを
埋めることができます。

 

◆コンパクトSUV比較

<トヨタ C-HR>

トヨタのコンパクトSUVで2017年販売台数
SUV部門では1位を獲得しました。

見た目のインパクトから発売当時から人気が
出てここ1年で街中でよく見かけるように
なりました。また、他のコンパクトSUVに
比べるとパーツが豊富にそろっているので
オリジナリティを作りやすい車種です。

路面状況に応じて縦揺れを制御してくれる等
レース等で培った技術が反映されています。
しかし、ハイブリッド車はFF車のみ
ガソリン車は4WDのみの設定です。
4WDではあるものの、悪路走破性という点は
かけるところがあります。
いわゆる街乗りSUVです。

C-HRの難点は後部座席の高さです。
中心から後部席に向けて天井が下がっている
のでせまく感じますし、身長が高いと
頭が付いてしまう可能性があります。

 

<ホンダ ヴェゼル>

SUV販売台数1位に何度も輝いた定番中の
定番の車種です。
2月にマイナーチェンジを行い、
少しずつ進化しています。

C-HRとの違いはFF車や4WD車やより
スポーティ仕様のRSがあり、パドルシフトも
採用されているので走りを楽しみたい人に
とってはこちらの方がおススメです。

また、ホンダセンシングが標準装備で、
オプションをつけなくてもある程度の
サポート機能が付いているのはありがたい
ところです。

難点といえば燃料タンクの容量が他社に
比べると少なめです。
少ない分軽いメリットはありますが、
長距離になるとガソリンスタンドが遠い
場合にはエンストを起す危険性があるので
ガソリンスタンドが遠い方はハイブリッドを
選びましょう。

 

<日産 ジューク>

C-HR同様エクステリアにクセのある1台で
発売当時は人気があったものの、
現在はTOP50にもランクインしないほど
影を薄めています。

ジュークの魅力は外装から内装まで好きな
色が選べるところです。よく外装と内装が
あっていないけど仕方ないからあきらめたと
いう方もいらっしゃると思いますが、
細かいところまで自分の思い通りの
カラー設定ができます。

ジュークは1.5Lと1.6Lターボエンジンを
採用しており、1.6Lターボエンジンでは
コンパクトSUVのなかでもパワーがあるので
力強い加速感が味わえます。
走りを追及すると維持費が高くなるので
その分の覚悟は必要となります。

 

<三菱 エクリプスクロス>

2018年3月に日本に導入されたモデルです。

S-AWDは路面状況に応じて4本のタイヤを
制御して走るので悪路走破性もコンパクト
SUVの中では高いのでアウトドア向けの
1台です。

また、広さも後部座席がスライドできるため
荷物の量に応じて変化できるので使い勝手も
いいです。パドルシフトもついているので
走る楽しみも味わえます。

難点は維持費です。価格も他社に比べると
高く、燃費・重量も考慮すると使い勝手の
代償といえます。

実際に乗ってみてコストパフォーマンスが
いいなと感じない人にはお勧めできません。

 

<三菱 RVR>

RVRはC-HRやヴェゼルに押されて
すっかり影を潜めていますが、
4WD車では2WDも選べるパートタイム
4WDなのが魅力です。普段はFFで走り、
必要に応じて4WDにできるので燃費も
稼げます。

RVRは排気量はあるものの、パワーが
他車に比べると弱く燃費も劣るため
イマイチ人気が出づらいところです。

 

<スズキ ジムニーシエラ>

ジムニーの普通車版のシエラです。
ジムニーではパワーが足りないと
思っている方にはお勧めの1台です。

比較する車種の中でも最軽量で、
価格も200万円以下で購入できるので
アウトドアを始めたい方には
もってこいの1台です。

パートタイム4WDを採用しており、
2WDと4WDが選べるので燃費も
稼げますし、小回りができるのも
魅力的です。

しかし、シエラは4人乗りであり、
3ドアです。重量が軽いわりには燃費も
そこまで優れているというわけでは
ありません。

 

<スズキ エスクード>

スズキのSUVといえばジムニーと
エスクードです。かつてレースに
参戦していたこともあり、
1988年からあるロングセラー車です。

今ではすっかり影が薄くなって
きていますが、4WDのモードを
選ぶことでスポーツから雪道、
ぬかるんだ道まで走れるので
悪路走破性も高いです。

また、後部座席を倒すと、1,415mmと
広いのでゴルフバックやサーフボードなどの
レジャーで荷物を多く積めます。

エスクードは悪路走破性は高いものの、
価格や燃費の面から他車よりも影が
薄くなっています。
売れている車に目が行ってしまって
エスクードの存在も知らないという人も
少なからずいると思われます。

コンパクトSUVを選ぶうえで一度は
試乗しておくといいと思います。

 

<マツダ CX-3>

CX-3は唯一ディーゼル設定のある車です。

ガソリンの中でも安いのですが、
ディーゼル=燃費が悪い・環境に悪い
というイメージがまだ払拭できていません。
しかし、それを払しょくしてくれるのが
CX-3です。

ガソリン車に比べ排気量も1.5L で燃費も
20km/L以上を実現しており、
クリーンディーゼルなので昔に比べると
環境問題にも対応されています。

しかも、ディーゼルにはMT車も設定があり、
マニュアルに乗りたい人には嬉しい1台です。

ロードノイズやディーゼル特有のエンジンの
振動が気になるという意見もあるので
試乗して確かめてみましょう。

 

<スバル XV>

スバルのコンパクトSUVであるXVは
水平対向エンジンが採用されており、
シンメトリカルAWDとフォレスタにも
採用しているX-MODEで悪路走破性に
優れています。

難点といえば、重さです。パワーが
あっても重量があっては加速感が
得られません。また、幅が1800mm
あるので軽自動車などからの乗り換えを
される方は車幅間隔に注意が必要です。

<スズキ クロスビー>

ハスラーの大型版として登場しました。
200万円以下から購入できるSUVとして
免許をとりたてでもみんなでアウトドアを
したい方にお勧めです。

スポーツモードから雪、ぬかるみなど
路面状況に対応できる4WDシステムが
付いています。小回りがきくのも
魅力の一つです。

モーターの出力自体は低く、C-HRや
ヴェゼルよりも室内は狭いので重い
荷物の積みすぎには注意が必要です。

 

<スズキ イグニス>

見た目はSUVに見えませんが悪路も
走れる性能をもった車です。

クロスビー同様小回りがきくことや
価格が200万以下とお得です。

しかし、クロスビー同様積載容量や
パワー不足は否めないため、本格的な
アウトドアをしたい人には向きません。

 

◆まとめ

コンパクトSUV選ぶ際には二輪駆動か
四輪駆動を選ぶことで悩みますし、
街乗りなのか本格的なアウトドアを
したいのでも選ぶ車種が違ってきます。

予算や乗った感じで選びましょう。
必ずライバル車を比較することを
忘れずにしましょう。

妥協できる点とできない点を明確に
したうえで購入しましょう。

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット