2017年新車販売台数発表。定番は強い。

2017年の新車販売台数が発表され、
普通車・軽自動車ともに定番が1位に
なりました。

去年とくらべてもTOP10の車種に
変更はあまり見られませんでした。
2017年はC-HRが大躍進を遂げました。
どのようなクルマが2017年売れたのか
今後の購入の参考にしてみてください。

 

◆総合

今年はN-BOXが1位を獲得しました。
去年1位だったプリウスが2位となりました。

全体的にも実用性が高く、燃費や機能面が
いい車が上位を占めることとなりました。

また、価格帯も100万~250万円の範囲で購入することができる
車が多くランクインしました。

 

◆普通車

普通車においてはプリウスが1位を
取りました。ノートは不正問題が
なければ1位を取れていたかも
しれません。TOP10は去年と
あまり入れ替わりがありません。

全体的に2016年12月付近から
2017年の間にマイナーチェンジを
した車種が伸びています。

販売台数はTOP10の販売台数は
前年比103%と増加しました。

<SUV>

ヴェゼルにかわりC-HRが1位になりました。
ヴェゼルが定番となっていましたが、
2016年12月に発売したC-HRに約2倍の差を
つけられ2位となりました。
次いでハリアー、エクストレイルと
続きます。

 

<ミニバン>

ミニバンでは昨年1位のシエンタ、
ヴォクシーを抜きフリードが1位と
なりました。普通車のTOP10の中に
4台ミニバンがはいりました。

SUVブームが言われている中でも
大人数乗せられるミニバンは
強いことがわかります。

 

<コンパクト>

コンパクトではノートが1位となりました。
日産の不正問題で一時は落ち込んだものの、
コンパクトにおいては1位を死守しました。

 

◆軽自動車

軽自動車はダントツでN-BOXが1位に
なりました。2位につけていたタントは
ムーヴに抜かれてしまい3位となって
しまいました。
今年もモデルチェンジやマイナーチェンジが
多く、それもあって前年比113%と
販売台数が増加しています。

軽自動車はハイト系ワゴンタイプが依然と
人気です。

来年はいかにN-BOXの牙城を崩せるか
各メーカーとも戦略を立てていかないと
いけません。

 

◆見方を変えると・・・

この新車販売台数は同じ名前を持つ
車種は統一されており、例えば
プリウスであれば、プリウスと
プリウスPHV、プリウスαが
合算されています。

しかし、兄弟機という観点から
見ると数字は大きく変わります。

そのなかでもわかりやすいのが
ノア・ヴォクシー・エスクァイアの
三兄弟は普通車のTOP30に入っており、
販売台数を合算するとプリウスを超えます。

また、ルーミー・タンク・トール・
ジャスティの販売台数も合算すると、
プリウスを超えます。

このように普通に結果を見るのではなく、
違う観点から見ると新たな発見があるので
試してみてください。

 

◆まとめ

来年の注目は12月に発売されたXBEEです。
SUVブームの勢いを加速することは
できるのでしょうか。

セダンの売り上げもカムリ以外は好調とは
言えません。セダンやスポーツカーの動向も
注目したいところです。

色んな見方ができるのでみなさんも
参考までに見てみてください。

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット