日産不正問題って?

自動車業界でいま注目のニュースといえば日産自動車の
不正問題ではないでしょうか。
なぜ、日産自動車に注目が集まっているのかかみ砕いて
説明します。

 

◆問題点

注目ポイントは「1台毎」「検査資格所有者」です。

自動車メーカーは製造した車両一台毎に完成検査を
行うことになっています。外装や内装のチェックから
足回り、走行テストまでの検査を自動車メーカーの
社内規程に基づき認定された検査資格を持った人が
行わなければなりません。

しかし、日産自動車では検査資格を持たない人も
検査を行っていたということがわかりました。

 

◆なぜわかったのか

国土交通省は、自動車メーカー等が適切に完成検査を
実施していることを確認するために立入検査を
実施しています。今回の立入検査を実施した際に
上記の問題点が発覚しました。

 

◆リコール予定車種

2014年10月から17年9月までに生産された車両が
対象で対象車種は以下の24車種です。

e-NV200
GT-R
NV200バネット
NV350キャラバン
アトラス
ウイングロード
エクストレイル
エルグランド
キューブ
シーマ
シビリアン
シルフィ
ジューク
スカイライン
セレナ
ティアナ
ノート
パラメディック
フェアレディZ
フーガ
リーフ
マーチ
ムラーノ
ラティオ

再点検を実施する既登録車は約121万台になる
とのことです。

 

◆他のメーカーは?

トヨタやホンダなどのメーカーは不正がないと
不正を否定していますが、過去にさかのぼり
再調査することを発表しています。

 

◆まとめ

人手不足などさまざまな要因がありそうですが、
クルマを作っているメーカーは安心して乗れる
クルマを作る責任があります。

せっかく購入した愛車の完成検査がずさんだったと
わかると、乗るのが怖くなりますね。

これ以降このようなことがないことを
祈りたいものです。

 

このような問題があると一時的に関連した車種は
オークション市場では安く取引されるケースも
あります。きちんとリコールの通知が来たら時間を
見つけてディーラーへ持っていきましょう。
リコールを受けているのと受けていないのでは査定に
響きますよ。

また、これから日産車の購入を検討されている方は
販売再開から少しの間は値引きが効くところも
あるので図々しく交渉してみましょう。
三菱の不正問題があった後に三菱の車を購入した
友人は値引きがよかったと聞いています。

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット