車を買う時の予算はいくら必要?

 

車を買う時には「予算」を最初に決めないと、無計画な買い物になり大きな出費となります。

 

予め予算を決めておく事で、車の本体価格もプラスで払う必要がある費用にも対応できます。

 

今回は、「車を買う時の予算」について紹介していきます。

 

車の価格だけ払っても、車は売ってもらえない

 

初めて車を買う人の中には、「50万円の車は50万円払えば良い」と思っている人が意外と多くいます。

 

実際には、車の本体価格以外にも様々な費用が必要です。よって50万円の車だと、約70~80万円は必要となってきます。

 

では、何が車の本体価格に掛かってくるのでしょうか。

 

諸費用が必要

 

それは「諸費用」と呼ばれる、税金や手続きを販売店に代行してもらう為などの費用です。

 

車の本体価格だけであれば、展示している車のフロントガラスに一覧で掲示されている金額を見れば、車の購入に必要な金額が分かります。

 

ただ、諸費用については掲示されている一覧では確認できない種類もあります。

 

税金や保険、自動車ローン金利も諸費用に含まれる

 

車の本体価格以外で必要な物は、先程、紹介した諸費用以外にもあります。

 

それは「オプション品」と呼ばれるもので、希望が無ければ付けなくても良いですが、ナビゲーションやオーディオ、有料のボディカラーを付ける人が多いです。

 

そうなると、諸費用と併せて請求されます。

 

そして、諸費用は別の章でも説明していますが、改めて紹介します。

 

まず、税金については「自動車税・重量税・取得税・消費税・リサイクル料金」などが挙げられます。

 

自動車税は、車種によって金額は違いますが毎年一度必ず課税されます。重量税と取得税も車種によって違いがありますが、環境に優しい車(エコカーなど)を購入すれば、重量税と取得税が免除または減税になります。

 

消費税も、その時代ごとに掛かってきますし、「リサイクル料金」も別途必要になります。

 

自動車保険とローン金利も必要

 

車を持つ人は必ず「自動車保険」に加入しないといけません。

 

この自動車保険には2種類あり、強制保険と呼ばれる自賠責保険と、任意保険と呼ばれる自動車保険があります。

 

自賠責保険でまかないきれない金額を、任意保険でカバーする仕組みとなっています。

 

また、車を自動車ローンで買った場合は、金利が発生します。

 

現金一括と違い、ローンは分割で支払いをしていくので、最初の頭金だけが大きな出費になります。ただ、支払回数が多く返済まで長期になる場合は、それに掛かる金利も多くなってきますので注意が必要です。

 

この様に、車の本体価格とは別に必要な費用を紹介してきましたが、諸費用などを考えて、車を買う時は余裕を持ったお金の準備をしましょう。

 

 

★車を買う前に、下の無料一括査定(所要時間1分)で「各買取業者の詳しい買取り査定価格」「愛車の価値と買う時期」が判明して、大きくお得をするかもしれませんよ。

 

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット

コメントを残す