車を買う販売店でローン組んだら安くなる?

 

車を買う時、支払い方法も様々な方法があります。

 

現金一括で支払う事もあれば、自動車ローンで支払う事もあります。さらに法人契約だとリースで支払う事もあります。

 

今回は、車で自動車ローンを組むと、販売価格に良い影響はあるかどうかを紹介していきます。

 

 

ローンを組むと販売店にバックマージンが入る

 

現金で払うと、ローンの様な金利が掛かる事もないので一番分かりやすいですが、金額が高額だとローンで払っていく事になる場合も多くあります。その場合、どこかの信販会社と自動車ローンを組む事になります。

 

基本的に、どこの信販会社と自動車ローンを組んでも問題ありませんが、車を買った販売店が提携している信販会社の自動車ローンを使う事も可能です。

 

別の章で「販売店は販売目標(ノルマ)を達成すると、メーカーなどからバックマージン(報奨金)がもらえる」と紹介しましたが、自動車ローンでも同じく、販売目標を達成すると信販会社からのバックマージンを得る事があります。

 

販売店の事情を値引き交渉に使おう!!

 

この販売店の事情は、車を買う時の値引き交渉にも十分使えます

 

実は、販売店の営業マンは、信販会社からのバックマージンを計算に入れた上で商談時に金額を提示してきます。

 

商談が詰まってきたら、話の流れで「自動車ローンを組むか、組まないか」と確認されるので、まだこの段階では「自動車ローンを組む」とは伝えない事がポイントです。

 

最初に聞かれた段階で「自動車ローンを組む」と言ってしまうと、それからの値引きは難しくなります。では、どうすればいいでしょうか。

 

現金で買うつもりと答える

 

それは、一回目で支払い方法について聞かれたら「現金で買うつもり」と営業マンに伝えておくと、後で効果を発揮します。

 

その後、商談がまとまったら「支払う事情が変わったので、今回は自動車ローンを組みたい」と営業マンに伝えましょう。

 

さらにこの時、「出来るだけ支払い回数が多いローンを組む」事も忘れないでください。

 

何故なら、支払い期間が長ければ長い程、販売店に入ってくる信販会社からのバックマージンが多くなります。この事情を値引きに使うのです。

 

この方法で自動車ローンを組めば、例えば200万円の自動車ローンを組めば、値引き額を5万円程度、多く引き出せる事が可能です。

 

自動車保険やクレジットカードでさらに値引きを狙おう!!

 

自動車ローンと同じく、車を買う販売店で契約すると値引きが期待できるのが、「自動車保険」「クレジットカード」です。

 

この2つも、販売計画を達成すればバックマージンが入ってきますので、値引き交渉に使えます。

 

最近は、外資系ネット通販型の保険がシェアを拡大していますが、販売店が扱っている保険は従来型の保険です。

 

保険代理店としての販売店の面もありますので、契約が取れれば販売店も喜びます。

 

さらにメーカーが発行しているクレジットカードへの加入を条件に、値引き交渉は可能です。

 

この様に、違う角度からの値引き交渉も検討してみてはいかがでしょうか。

 

★車を買う前に、下の無料一括査定(所要時間1分)で「各買取業者の詳しい買取り査定価格」「愛車の価値と買う時期」が判明して、大きくお得をするかもしれませんよ。

 

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット

コメントを残す