シャトルが一部改良

ホンダのステーションワゴンの「シャトル」が
一部改良され発売となりました。
ホンダセンシングを全タイプに
標準装備となりました。

 

◆おもな変更点

<エクステリア>
フォグランプにLEDを採用しました。

<インテリア>


ドリンクホルダーのデザインを変更しました。
底板を開くと浅くなり、折りたたむと
深くなるように設計され、飲み物の容量に
応じて二段階で調節が可能となりました。

また、アップルの「Apple CarPlay」や
グーグルの「Android Auto」といった
スマートフォン対応の車用サービスに
対応できるようになりました。

<エンジン>
ハイブリッド、ガソリン両方のエンジンを
再チューニングしたことにより、燃費は
ハイブリッドモデルにおいて約2km/Lアップの
34.4km/L(JC08モード)を実現しました。

<安全装備>
全タイプにホンダセンシングを
標準装備しました。

 

◆スペック

 

価格

<SHUTTLE>

タイプ 駆動方式 税込価格(8%)
HYBRID・Honda SENSING FF 2,080,080円
4WD 2,274,480円
HYBRID X・Honda SENSING FF 2,310,120円
4WD 2,504,520円
HYBRID Z・Honda SENSING FF 2,469,960円
4WD 2,631,960円
G・Honda SENSING FF 1,770,120円
4WD 1,964,520円

<SHUTTLE 助手席回転シート車>

タイプ 駆動 税込価格(8%)
HYBRID・Honda SENSING FF 2,177,280円
4WD 2,371,680円
G・Honda SENSING FF 1,867,320円
4WD 2,061,720円
 

◆ボディーカラー

ミッドナイトブルービーム・メタリック※1
ミスティックガーネット・パール※1
ホワイトオーキッド・パール※1
ルーセブラック・メタリック※1
プレミアムクリスタルレッド・メタリック※2
ルナシルバー・メタリック
クリスタルブラック・パール

※1のカラーは32,400円(税込)高くなります。
※2のカラーは54,000円(税込)高くなります。

注意)タイプにより選べる色が限定される
場合があります。

 

◆まとめ

シャトルが一部改良を行いました。
毎年行われているので今後も1年に1回の
ペースで改良・マイナーチェンジが
行われるものと思われます。

フィットシャトルからシャトルになって
2年が経過しました。
もうそろそろマイナーチェンジの情報が
あがってくるかもしれません。
早くも売却を検討されている方は
細心の注意が必要です。

これからシャトルの購入を検討されている方は
トヨタのウィッシュやプリウスαを検討車輛と
挙げて交渉をしてみましょう。

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット

コメントを残す