タントシリーズが一部改良。性能やいかに。

ダイハツの軽ワゴン
「タント」
「タントカスタム」
「タントウェルカムシート」
「タントスローパー」
が一部改良しました。
一部改良と同時に特別仕様車も発売を
開始しました。

タントシリーズ売上200万台を突破し、
ダイハツの主力車種の一つです。
そんなタントシリーズがどのように
改良されたのでしょうか。

 

◆概要

今回はパノラマモニターを採用しました。
パノラマモニターは4か所にカメラがあり、
車の前後左右を移すことができます。
これにより安全性能が上がりました。

<トップ>
クルマを上空から見ているように見えるので
車庫入れ時の追突等を予防できます。

<フロントワイドビュー>
前方を広範囲で移すことができ、前方の
左右が見えないところなどで重宝します。

<レフトサイドビュー・ライトサイドビュー>
ミラーより後方の左右を確認でき、
すれ違う際やバックでの停車範囲の確認、
幅寄せなどに役立ちます。

<リヤビュー>
後方の障害物等を確認できます。

※パノラマモニターはメーカーオプションで
対応するナビゲーションを装着しないと
いけません。

 

◆特別仕様車

特別仕様車として、
タントX”リミテッドSAⅢ”、
タントカスタムX”トップエディション
リミテッドSAⅢ”が登場しました。

両側パワースライドドアや
パノラマモニター、
LEDヘッドランプを装備しました。

◆価格

価格は税込みですが、スローパー及び
ウェルカムシートは消費税非課税です。
また、SAⅢの付いているグレードにのみ
スマートアシストが標準装備です。



エコカー減税:
<NA>
取得税:40%
重量税:50%

<TC>
取得税:20%
重量税:25%

トランスミッション:CVT

 

◆まとめ

今回の一部改良はパノラマモニターとそれを
装備した特別仕様車の登場でした。

N-BOXの勢いを止められるような変更では
ありませんが、パノラマモニターの登場に
より息を吹き返す機会となりそうです。

タントの魅力は

  • 助手席側のピーラーがないので乗り降りが
    しやすいこと。
  • 物の出し入れもしやすいこと、
  • 助手席の背もたれが前に倒れて、
    テーブルとして使えること

ではないでしょうか。

タント、N-BOX、デイズルークスそれぞれに
いいところがあるので試乗をして
比較してください。

3月までに車が欲しい方は今のうちに車活を
していきましょう。

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット