三菱に続き、スズキも燃費データ不正が明らかに

 

「えっ、スズキもやってたの?」

こんな声が聞かれたのは5月18日の夕方でした。

 

先日から続く、一連の燃費データ不正問題に新たな疑惑が浮かび上がりました。

 

三菱自動車の不正を受けて、各自動車メーカーが自社の燃費データの測定方法を内部調査した結果、これまで「燃費データの不正は無い」と主張してきたスズキにも不正がある事が分かりました。

 

これはスズキが国土交通省で会見し明らかになったもので、会見によると、スズキの車両実験コースは静岡県の海岸沿いにあり、海からの風が原因で正確な試験値が出ないケースがあり、2010年頃から法令で定められた試験方法(蛇行法)を使わず、室内で空気抵抗と装置の抵抗を組み合わせたデータを出して報告をしていたというものです。

 

併せて、スズキ関係者は「防風壁など測定に必要な設備への投資をしなかった事が、結果として今回の問題へと繋がった」と反省の言葉を述べる一方、「これまで行ってきた室内実験で出た数値と、蛇行法での数値は誤差の範囲だった為、販売停止やユーザーへの補償は考えていない」とも述べています。

 

対象車種は、「アルト」など自社生産16車種と他社供給をしている11車種を合計した全27車種に上ります。

 

ちなみに、スズキはイグニスやバレーノなどを欧米やインドにも販売を行っていますが、これらについては「現地の法律に基づき、立ち合い検査などを行っているので問題は一切ない」とも述べています。

 

しかし、先日の三菱自動車の件も全解決に至っていない状況で発覚した事により、スズキへの風当りが強くなる事はもちろん、自動車業界全体へのユーザーの不信感が増えるは避けられないと見られています。

 

対象車種が安く買えるかも?

通常、何か問題が有った対象車種は、価値と販売価格も下がる傾向が有ります。

言い換えれば、その対象車種は「買い時」とも言えます。

下の「(無料)非公開車両をチェック!」は、対象車種の「非公開情報車」を無料で探してくれるプロが効率よく車探しをしてくれるので、一度依頼してみませんか?

 

問題の対象車種の売り時は?

今回の会見を受けて、信頼性が無くなったとして不正の対象となった車種を手放すユーザーも増えてきています。

その流れに乗って、最新の査定額と愛車の価値が分かる、下の「(無料)一括査定スタート!」をしてみませんか?

車種や年式、走行距離をプルダウンで選んで送信するだけで「おおよその買取査定額」が一瞬で出てきますので、価値が下がる前に売却を考えているなら、とても参考になり売却を後押ししてくれますよ!!

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

コメントを残す