【最新版】欲しい車を最大限値引きさせる3つのテクニック

突然ですが今あなたが欲しい車はありますか?欲しい車が見つかっても予算の関係で諦めてしまう、または値段が下がるのを待つといった手段もありますが、人間の心理としてできるだけ新しい車に乗りたいと思うものです。そういった時に自分で買う金額を安くするための交渉かのこともありますが、事前の準備で最大限値引き幅を引き出せることができます 。今回は値引き幅を大きくするためのポイントを3つご紹介いたします

予め目標値を決めておく

欲しい車が見つかってお店に買いに行く前にやっていただきたいのは、どれくらい値引きを目標にするのかを決めることです。

具体的には、その場で値引き額を決めてしまうとズレが生じてしまい、営業マンの思うがままになってしまうケースが多く見られます。

自分の中で30万円まで値引きを達成させそうであったり5万円まででいいけど、その他のオプションを無料でつけさせようと他具体的な目標を決めておくことがポイントです。

その場の雰囲気に流されてしまうと後からお願いしますと伝えても叶うことは少ないので、予め伝えておくこともポイントです。

安い車は値引き幅は小さく、高い車の値引き幅は大きい

これは新車中古車取りにも言えることなのですが、値引き幅については安い車は値引き幅を小さく高い車になると値引き幅を大きくなります。

そのため人間の心理として、高い車を買おうとして20万円と言った値引き幅を聞いて安心してしまいますが、よくよく考えてみるともともとの金額が高いのでそこまで値引きをしてもらったとは感じません。

一方、安い車はもともとが安いので値引き幅を小さくなっています。その中で自分が希望する値引き金額と営業マンが伝える金額がいかに近づくかをあらかじめ勉強しておくこともポイントのひとつではあります。

ディーラーオプションなどを組み合わせる

実はこれが最も大きなポイントかもしれませんが、車本体の金額を下げることができなくても他のオプションを組み合わせて最終的な金額を抑えることは可能です。

例を挙げると、オーディオをつける代わりに車体価格を下げてもらうか、営業マンが勧める自動車保険に加入する引き換えに車両本体を下げてもらうなど車両本体に限らず様々な側面から値引きを引き出すことも可能です。

筆者も元々安い車でしたが、諸々のオプションを組み合わせることにより最終的に30万円の値引きに成功し、自分が支払う金額が20万円ほど安くなった経験もあります。

また、営業マンも人間ですので「これをやったからじゃあこれはお願いします」とお願いすることで、値引き額が最終的に大きくなることも十分に考えられます。

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット