ジェイドがマイナーチェンジ。5人乗りが登場!!

ホンダのミニバンの「ジェイド」が
マイナーチェンジをします。
それに先駆けて先行サイトを公開しました。

ホンダはマイナーチェンジを数か月前から
積極的に公開しており、これまでフィットや
N-BOXなどがあげられます。

一部の情報のみ掲載中ですが、
東京オートサロンにおいて新型ジェイドRSの
展示をしました。
会場では多くの反響を得られているようです。

一部ではありますが、早速見てみましょう。

 

◆変更点

<エクステリア>

ヘッドライトやバンパーデザインが変更と
なりました。

 

<スペック>

スポーティ仕様のRSは6人乗りから
5人乗りへと変わります。
2列目が3人乗りになり、荷室空間を
広く使えるようになります。

 

<新仕様登場>

新たな仕様としてスポーツハイブリッドを
搭載したモデルも登場します。
また、ルーフ部分が黒に塗装された
ブラックルーフ仕様もあわせて登場します。

 

<新色>

RS専用に「プレミアムクリスタルオレンジ・
メタリック」が登場します。
フィットRSなどに採用されていたオレンジ
(サンセットオレンジⅡ)とは別のようです。

<安全性能>

ホンダセンシングを全車標準装備して登場します。

  • 衝突軽減ブレーキ
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故軽減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • アダプティブクルーズコントロール
  • 車線維持支援システム
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能

 

◆低全高のミニバンの行方

ミニバンといえば全高が高い車種が定番で
全高が低いミニバンは伸び悩んでいます。

全高が低いミニバンの利点は
高速道路走行時の安定性です。
全高が高いと風の影響を受けやすく、
左右にふられやすかったり、
それに対応するために足回りが
硬くしてあったりと、乗り心地の面で
難があったりします。

しかし、ジェイドの特徴である6人乗りは
2列目が2人掛けで普段最大4人乗りの人が
対象であり、5~6人ではほとんど
使わないという人にはいいのですが、
人や大きい荷物を多く乗せたいという人で
あれば7~8人乗りや全高が高いミニバンを
買った方が利便性もあります。

以前のオデッセイがこのようなスタイルで
人気がありましたが、現在では全高が高く
なりました。
現在ホンダで売れているミニバンといえば
フリードやステップワゴンです。

時代とともに需要が変化しているため、
ジェイドはニッチ(すきま)な部分を
埋めるようなポジションとなりそうです。

 

◆まとめ

ジェイドはシャトルよりも全長が長く、
室内が広いので人を乗せるより荷物を
載せるとう方向けの車です。

ステップワゴンほどの高さを求めず、
スポーティな走りを求めている方は
ぜひ検討してみましょう。

現在ジェイドに乗られている方は
この情報解禁により現状モデルの価格は
下がってきます。
また、5月に新モデルが出るということ
なので買い替えを検討されている人は
早めに査定を依頼しましょう。

現モデルの新車を購入する際は値引きの
交渉材料として使いましょう。
場合によると新車登録済みの車(在庫車)を
進められる可能性があるので、走行距離など
車の状態を把握して購入しましょう。

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット