Good Design 受賞した車発表。大賞等は来月1日発表。

今年もグッドデザイン賞が発表され、ベスト100には
3車種が、その他のグッドデザイン賞に6車種が
選ばれました。

今年受賞した車はどんな車種でしょうか早速
見てみましょう。

 

◆グッドデザイン・ベスト100

<トヨタ C-HR>

一目でわかる独自のデザインが高評価。
エクステリアだけでなく、インテリアの色彩や
デザインも審査員の心を射止めました。

<シトロエン C3>

エクステリアのスタイリングもさることながら特徴である
エアバンプも評価されました。また、ドライブシーンを
SNSに共有できるカメラも評価されました。

<Tesla Model X>

テスラといえば電気自動車。1回の充電で走れる
航続距離が魅力ですが、自動走行技術も評価されました。
特徴的なドアと車内空間も審査員受けしました。

 

◆グッドデザイン賞

<スズキ スイフトシリーズ>

スイフトのフォルムやヘッドランプのデザインは
継承しつつも進化している点や販売する地域のニーズに
合わせて作り分けている点も評価されました。

<スバル インプレッサG4 SPORT>

躍動感と走行性能を感じるデザインでありながら、
派手すぎないデザインが評価され、アイサイトなどの
安全面も評価され受賞しました。

<スバル XV>

インプレッサをベースとしながらもSUVらしい
デザインとオレンジステッチをあしらったインテリアも
評価を得ました。
インプレッサ同様アイサイトなどの安全性能の
標準装備も評価された要因となっています。

<ダイハツ トール・トールカスタム>

エクステリアのデザインというよりは、
前席ウォークスルーやシートアレンジ、
荷室の使いやすさなどの機能面で評価されました。

<スズキ ワゴンR ワゴンRスティングレー>

傘をドア内部に収納できる使い勝手や、計器類や
操作系を中央に集約したことによる操作性が
評価されました。

<トヨタ 次世代タクシー>

今までの主力のタクシーはセダン型で、
ユニバーサルデザインという点では難点があったが、
今回発表された次世代タクシーは車いすのまま
乗降できる点や、使い勝手も評価されました。
また、エクステリアも、日本の伝統的な色である藍色を
ベースとし、直線を基調としたスタイリングも上品さが
審査員の目にとまりました。

 

◆まとめ

11月には大賞や金賞が発表されます。
以前トヨタのMIRAIが金賞を獲得しました。

今年はどんなものが選ばれるでしょうか。楽しみですね。

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット