シビックType-Rを試乗!走る喜びが止まらない!

今、注目されている国産スポーツカー
「シビックType-R」を試乗しました。
TYPE-Rについているモードやシステムに
ついて実際に体感したことをご紹介します。

 

◆試乗概要

試乗場所:マリンメッセ
試乗距離:約3km
試乗車:ホンダ シビックType-R
試乗時間:約15分

◆シビックType-Rについて

<走行性能>

走行モードは
コンフォートスポーツ+R
と選べ、それぞれの使い分けることで
普段使いからサーキット走行まで
幅広くこの1台で楽しめます。

<インテリア>

インテリアもType-Rにふさわしい赤を使った
インテリアにされています。
運転席と助手席には「TYPE Rシート」が
装備されており、ホールド性が高く
コーナリング時にも体をしっかりと
支えてくれます。

 

◆試乗してみた。

基本的に電子制御されているので
エンストすることはありませんでしたが、
普段よりも車高が低く、アクセルを
踏んだ時の加速がテンションが
上がりました。

コンフォートモードでは街乗り
(普段乗り)が想定されているので
ハンドルが軽く、アクセルを踏んでも
加速は抑えられており、
スポーツカーでもエコな走りができる
モードだと感じました。

スポーツモードではコンフォートモードから
切り換えるとハンドルが少し重くなり、
足回りも少し硬くなるのでワインディング
を走る際に最適です。

+Rモードではさらに加速、足回り、
ハンドリングが変化し、操る楽しみが
増えます。

 

<レブマッチシステムを体感>

+Rモードでシフトチェンジをする際、
回転数を自動で合わせてくれる
システムです。

交差点を左折するために減速し、
ギヤを1つ下げたと同時に回転数が上がり
違和感なくスムーズにシフトダウンが
できます。自動で合わせてくれるので
あたかも自分の運転がうまくなった気に
なりますが、回転数を上げるために燃料を
多少使うため、普段使いはせず、走りを
楽しみたい時に限り使いましょう。

 

◆まとめ

15分くらいのドライブでしたが、3モードの
特徴を知ることができ、FF車であることを
忘れるくらい楽しいクルマでした。

アクセルを電子制御しているため、
どうしてもラグが発生したり思った
ようなレスポンスがえられないと感じる
時もありましたが、これはこれで
近代スポーツカーの醍醐味だと
思いました。

今回は車や人通りが多く、なかなか速度を
十分に出せる機会はありませんでしたが
技術や乗る楽しさを考えると450万の価値は
あると思います。
若い人たちが乗るというよりも
スポーツカーに憧れていた世代が
今だからこそ走る喜びを得るための
クルマだと感じました。

また、エキゾーストサウンドがいい音なので
外から走っているのを見るだけでも
かっこよく見えます。
百聞は一乗にあらずです。ディーラーで
試乗をしてみましょう。試乗できる
ディーラーは期間ごとに変わっているので
事前にディーラーに問い合わせを
してください。

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット