道路標識、覚えてる?

 

道路標識は、

自動車のドライバーに対するものだけでなく、

自転車や歩行者に対しても

注意喚起したり、

ルールを啓発したりする役割

持っています。

 

◆本標識と補助標識

わが国における道路標識は、

「本標識」「補助標識」

に大別されています。

 

本標識は、

標識としてドライバーや歩行者などに

伝えたい規制や指示等の

「メインテーマ」を伝えるものです。

 

補助標識は、

メインテーマの適用条件、

たとえば「8~20(時)」

「日曜日を除く」

「→(ここから)「←(ここまで)」

といった具合に、

適用範囲や除外範囲などを

補助的に伝えるためのものです。

 

そのため、本標識と補助標識は

セットで設置されている箇所も

多く見受けられます。

 

◆本標識には4種類ある

本標識は、

「規制標識」「指示標識」

「警戒標識」「案内標識」

という4種類に大別されます。

 

規制標識は、

速度制限や通行禁止など、

順守すべき内容を表示した標識で、

強制力のある内容です。

 

指示標識は、

規制のように強制するものではなく、

ここに「駐車帯がある」

「停止線がここにある」といった

案内をする役割を持った標識です。

 

警戒標識は、

「この先に踏切がある」

「がけ崩れに注意」といった

注意喚起をするための標識です。

 

案内標識は、

道路がどこにつながっているのか

などを簡易図で表示したり、

あるいは高速道路などの出口等を

表示したりする標識です。

 

◆標識は全て覚えておくべきもの

交通社会で暮らしている以上、

本来は道路標識を

全て覚えておくのが理想です。

 

特に自動車やバイクを運転する人は、

全てを暗記し運転の際に

標識の内容を順守する

必要があります。

 

とは言っても、

地域ごとの特性の差もあり、

都市部ではめったに見かけない標識や、

逆に都市部でしか見かけない

標識もあります。

 

たとえば、

路面電車と道路が併用となっている

区間において、

路面電車用の指示と道路交通用の

標識が分けられているケースや、

朝夕で大渋滞の方向が

変化する道路において、

車線や中央分離帯が可変式に

なっているところなどは、

慣れないと判断に

迷うこともあります。

 

慌てずに済むように、

運転免許取得時や更新時に配布される

「交通の教則」

時折読み返してみるのがよいでしょう。

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット