まだまだ不安が残る?バッテリー問題

ハイブリッドカー(HV)や
電気自動車(EV)が登場して
もうすぐ20年が経ちます。

発売当時からその燃費の良さに
瞬く間に浸透していきました。

その反面問題視されてきたこと・・・
それはバッテリーです。

HV=低燃費が先行し、
当初はバッテリー問題は
あまり取りあげられませんでした。

しかし、年月を重ねるにつれて、
バッテリー問題が注目を集めるようになりました。

 

◆バッテリー問題とは

いわゆるバッテリーの寿命のことで、
バッテリーの長期・長距離の使用により劣化し、
バッテリーとしてのパフォーマンスが低下することです。

バッテリーは消耗品である以上劣化することは
避けられませんが、特に問題視されたのが
その期間や距離だけでなく、交換にかかる費用です。

5年や10万キロで交換、交換費用は50
ということが一時期取りあげられ、
ハイブリッドカーの維持費の高さに

みなさん驚かれたと思います。

いまだにその考え方を持っている人が多いようです。

 

◆中古車で見ると

中古車検索サイトを見ると、
2002
年以前のモデルを境に、

HVEVの中古車価格が変わっています。

車種によっては2000年に登録された車と
2005年に登録された車とであまり値段が
変わらないものもあります。

2000年の5万キロ以下の車と
2005年の10万キロ以上の車で
ほとんど値段が変わらないという

現象が起きています。

これは、バッテリーの性能が
向上してきているため、
ガソリン車との差が縮まりつつあることが
考えられます。

 

◆査定には響かない

以前一括査定をお願いした際、
大手2社の査定に来られた方に聞いてみました。

「ハイブリッドカー人気ですけど
バッテリーが問題視されていますが、
査定には関係あるんですか?」

「今のハイブリッドカーは
バッテリーの性能が上がっているので
だいぶ関係なくなってきていると思います。」

との回答を2社ともいわれました。

中古車市場でもHVが人気である事。
2代目3代目プリウスが30万キロ走っても
現役で走っていることが実証されてきているので
バッテリー関係での査定が極端に下がる
というわけではなくなりつつあるようです。


◆HV
EVのバッテリーの弱点

EVHVの共通のバッテリーの弱点は温度です。
冬は発電効率が悪くなるため電力や燃料を多く使います。
バッテリーを暖めるためのヒーターを使うため
どうしても航続距離や燃費が悪くなります。

EVはバッテリーの劣化で航続距離が減ります。
HVはバッテリーの劣化で燃費が悪くなります。
EVはバッテリーを交換しないと
長距離移動が難しくなりますが、

HVは燃費が低下するので
極端に悪くならない限り交換がいりません。

現在、HVのバッテリーは20万キロ走っても
支障がないくらい
性能が向上しています。
また、費用もバッテリーだけであれば20万円以下と

安くなってきているので乗りたい方は
ある程度費用がかかることを念頭において

購入を検討しましょう。

 

◆まとめ

HVEVで新車を購入を検討されている方で、
バッテリー関係に不安がある方は、
ディーラーの残価設定プラン
定期的に乗り換えることをお勧めします。

一台をずっと乗りたい方はバッテリーの交換が
必須であることを考慮して、1万キロ走ったら
1万円貯金するといったようにすると
いいかもしれません。

中古車の購入を検討されている方は、
年数と距離に注意して、バッテリーの交換が
今後必要になるんだということを
念頭に入れて購入しましょう。

バッテリーの開発はまだまだ発達途中です。

5年後10年後にはもっと性能が
良くなっているはずです。

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット