新型MAZDA3(アクセラ)の新技術がすごい!

以前マツダ地獄と言われていたマツダですが近年めざましい成長を遂げている企業ですね。フォードの傘下から抜けたことでマツダらしい人馬一体というコンセプトに基づいたデザインの良い車を作り続けています。

私自身もマツダの車に乗り始めてからマツダのファンになってしまい、これからもマツダの車に乗り続けていきたいと考えております。

そんな私が今回紹介しようと思っているのはマツダの中でもベストセラーと言われている車種についてです。何回かに分けて詳しく紹介していこうと思いますので宜しければ一読して頂けると嬉しいです。

2018年のロサンゼルスオートショーで発表され、日本国内でも注目を集めている新型「MAZDA3」という車種。聞き慣れない方もいらっしゃるかと思います。実はMAZDA3は日本では「アクセラ」で展開されるため、新型MAZDA3はいわば、アクセラの次期モデルといえます。今回は次期アクセラについて書いて行きたいと思います。


スペックについて

エンジン:
SKYACTIV-G 1.5
SKYACTIV-G 2.0
SKYACTIV-G 2.5
SKYACTIV-D 1.8
SKYACTIV-X
トランスミッション:6速AT/6速MT
サスペンション:Fマクファーソンストラット Rトーションビーム
ステアリング形式:ラック&ピニオン(電動パワーアシスト付)
ブレーキ:Fベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ:205/60R16、215/45R18

公開されたスペックは上記の通りです。洗礼されたエクステリア、cセグメントの中でも上質とされる内装、さまざまな安全装備と魅力はさまざまですが、特に私が注目しているのは、SKYACTIV-Xという新型エンジンです。これは、マツダのロータリーエンジンに代わる世界初の新技術を使ったエンジンになります。このエンジンはマツダだけが唯一開発に成功したエンジンになります。その事について個人的見解で少し書いてみます。

SKYACTIV-Xとは?

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンのメリットを融合した次世代新型エンジンです。環境性能では燃費が現行ガソリンエンジンに比べて最大20〜30%程度向上し、トルクは全域で10%以上、最大30%向上するとの事です。従来の技術ではガソリンエンジンではできなかった圧縮着火を実現し少ないガソリンでより強い動力を生み出すことが出来る仕組みになっています。電気自動車も確かに環境的には良いのかも知れません。しかし、まだインフラ整備されていなく充電スポットに行っても先客が居て充電出来ない方をよく見かけます。インフラ整備されていない地域では必要とされる存在だと確信しています。私もこのエンジン搭載の車に乗るのが夢です。また、更に改良の余地もあるようなので今後も注目していきたいですね。

 


車体構造について

マツダの取り組みはエンジン開発だけではなく車体構造にもこだわっています。ここにも、世界初の技術が使われていました。これにより、従来より3キロ軽くなる上に剛性もアップして安全性能を高めています。私の経験上ハイテン材は錆びやすいイメージなので腐食問題も防錆塗装などでクリアしていればかなり評価できる点だと思います。

冷間成形用1310MPa級高張力鋼板が車体骨格部品に初採用

このたび、当社が開発した1310MPa級高張力鋼板が、マツダ株式会社の新型「MAZDA3」の車体骨格部品に冷間プレス成形用途として世界で初めて採用(※1)されました。冷間プレス成形による車体骨格部品の強度としては、世界最高レベルとなります。

車体骨格部品は衝突時の乗員保護と軽量化による燃費改善のため高強度化が進められていますが、高強度化すると冷間プレス成形が難しくなることなどから、これまでは1180MPa級までの高張力鋼板が適用されていました。また、従来の1310~1470MPa級高張力鋼板は、バンパー部品などに適用されていますが、ロール成形など加工方法が限定されていました。

今回、マツダ株式会社と共同で技術開発に取り組み、従来の加工方法の限定を解消すると共に、プレス成形性、部品の寸法精度などの技術課題を解決したことにより、冷間成形用1310MPa級高張力鋼板の車体骨格部品への採用が可能となりました。

冷間成形用1310MPa級高張力鋼板は、西日本製鉄所(福山地区)にある独自のWQ方式(※2)連続焼鈍プロセス(JFE-CAL)の高い冷却能力を活用して、合金の添加を極限まで低減して優れた耐遅れ破壊特性(※3)や強度の安定化などに成功した高張力鋼板です。

当社では、本鋼板の採用範囲拡大と、更なる高性能な高張力鋼板の開発により、安全で環境にやさしい自動車の開発に大きく貢献してまいります。

(※1)当社調べ。
(※2)WQ方式:水焼入れ。Water Quenchの略。
(※3)遅れ破壊:水素に起因するプレス成形後の静的な脆性割れ。

出典:JFE公式

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット