ちょっと気になる特撮ヒーローに登場する車

クルマ好きだとついついドラマや映画などに
登場する車に目が行ってしまいます。

そこで今回は子供が見るテレビといえば
特撮ヒーロー!!ということで現在から
過去に登場した3車種をご紹介します。

 

◆快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

登場車種:ランサーエボリューションⅦ

快盗戦隊ルパンレンジャーVS
警察戦隊パトレンジャーは2018年2月から
放送されています。

本来「VS」が付くのは2つの戦隊シリーズが
登場する映画で使われるものでしたが、
メインで使われるのは珍しいものです。
快盗を応援するか、警察を応援するか
悩みどころです。

そのなかでもパトレンジャーが現場に
急行する際に使われるクルマが
ランサーエボリューションⅦです。

ランサーエボリューションといえば世
界ラリー選手権で活躍した名車ですが、
2001年に先代のⅥからフルモデルチェンジ
という形で登場しましたのが7代目が
ランサーエボリューションⅦです。

このⅦにはRS、GSR、GT-Aがあり、
今回使われているのはGT-Aであると
思われます。なぜならナンバープレートが
真ん中にあるものはGT-Aのみであり、
AT限定が主流であることを考えると
MTであるということは考えにくいためです。
現在、運転中の映像が少ないため、
分かりませんが車内の状況がわかれば・・・

また、外装はチャージスピードの
フロントバンパーとボンネットを
採用している様です。

白のランサーエボリューションⅦに
このパーツをつけて赤のラインを入れる
だけでも子供たちの注目の的と
なりそうです。

 

◆仮面ライダードライブ

登場車種:ホンダ NSX

仮面ライダー=バイクなのにバイクに
乗らずに車に乗るという斬新な
設定だった一つです。
もちろんバイクに乗るライダーはいました。

主人公は竹内涼真さんで、NSXに乗っている
竹内さんのシーンはカッコよかったです。

NSXに色んなパーツが取り付けられており、
最初NSX?とおもった人もいると思います。
主人公に合わせてか登場した車はATが
使われていました。

NSXは90年代において国産スーパーカーの
代表で、新車で1000万円する代物でした。
全日本GT選手権においても大活躍しました。
現在でも500万円以上するものが多く、
当時を知る人にとっては憧れの1台です。

余談ですが、最終回では主人公が赤の
35型GT-Rに乗っていました。

 

◆仮面ライダー響

登場車種:ホンダ エレメント

平成の仮面ライダー=若いイケメンが
主流ですが、仮面ライダー響では
細川茂樹さんが主役の仮面ライダーです。

響ということもあり、主人公たちが使う
武器は楽器が使われていました。

その響に登場していたのがホンダ
エレメントです。

エレメント自体の活躍はありませんが、
1年を通してちょこちょこ登場するので
当時見ていた人は印象に残っているのでは
ないでしょうか。

2003年4月にデビューし、当時はアメリカで
生産されていたものを日本に輸入する形で
登場しました。
ジープと国産ミニバンを足して2で割った
ようなデザインで一部の人から支持を
得られ、国産で走行台数は少ないものの、
長期的に乗られる愛されキャラです。

そのため、中古車としては10万キロ以上の
ものがほとんどで、100万円以下で
購入できるものが多いです。

エレメントの特徴は、観音開きタイプの
ドアで、2列目を背もたれを後ろに
倒して収納するところです。

アメリカテイストのSUVが欲しい方に
お勧めの一台です。

 

◆まとめ

特撮で使われた車に乗ればその当時見ていた
世代から憧れ目で見られるかもしれません。

映画やドラマで使われている仕様にしようと
しても車検が通らない場合もあるので
確認の上で行いましょう。

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット