TOP > 車種別 > スズキ > MRワゴン

スズキ MRワゴンの買取り査定相場


スズキ MRワゴン
買取り査定相場: 〜72.5万円
新車車両価格帯: 115.3万円〜139.8万円
カタログ燃費: 30km/L
ボディタイプ: ハッチバック
高く売るためのポイント!---------

現行モデルの買取相場はおおむね30〜100万円程度です。

アイドリングストップ機構やエネチャージ&エコクール搭載車は査定に有利です。

売却の際には、1社だけで決めず、複数の業者に査定を依頼し、価格を競わせましょう。

MRワゴンを1社だけに下取りや買取り査定を依頼してはもったいない!!のでまずは全国100社以上の買取り査定店の買取り相場をわずか1分の入力でチェック!

ズバット査定スタート! 【無料】一括査定スタート!

スズキ MRワゴン買取り査定時の重要ポイント!

MRワゴン(スズキ)は2002年に登場した軽自動車です。

同社のベストセラー車であるアルトと、大ヒットを飛ばしたワゴンRの間を埋める車格(と言っても軽自動車の規格内ですが)の車で、ゆとりのある天井高と、ボンネットやフロントウィンドーを寝かせた流麗なデザインにより、女性オーナーからファミリーユース、さらには法人ユースまで幅広く支持を受けました。

その後2006年と2011年にフルモデルチェンジし、現行モデルは3代目となっています。3代目はこれまでの流麗なデザインから、よりスペース効率に優れる箱型デザインへと変貌しています。

中古車小売相場はおおむね60〜130万円程度の販売車両が多く、買取相場はおおむね30〜100万円程度となっています。

現在の軽自動車業界では常識となっているアイドリングストップ機構は、2011年2月のフルモデルチェンジの際には間に合わなかったものの、同年6月に一部グレードにおいて搭載車を設定。

以降、制動段階からアイドリングストップを先行作動させる新システムの搭載のほか、2013年にはエネチャージ(回生蓄電システム)やエコクール(蓄冷式エアコン)の搭載を図り、燃費性能の向上を図りました。

MRワゴンの売却時においては、アイドリングストップ機構や燃費向上装備のついた車種は有利となります。一方、2006年から販売された2代目モデルの中古車は、20〜70万円程度で小売されています。

買取相場については、下は1万円から、上は40万円程度と幅があります。売却の際には1社だけで即決せず、複数の業者に査定を依頼し、価格を競わせるようにしましょう。

はじめての方にもおススメ!

車買取り車買取り

スズキ MRワゴンをわずか60秒の簡単入力で複数社に無料一括査定することで最高値を提示してくれる買取り店をみつけることができます。
⇒査定したからって絶対に MRワゴンを売る必要はない から、気軽に05月24日現在の買い取り価格をチェックしてみよう!
ズバット査定スタート! 【無料】一括査定スタート!

 

スズキ MRワゴンをさらに高額査定してもらう方法

MRワゴンを1万円でも高く買取り査定してもらう方法は比較的簡単に誰にでも出来ることです。 そのひとつ目が第一印象です。査定士があなたのMRワゴンをはじめて拝見する時の第一印象から既に相場の基準がほぼ決まってきます。

日頃からMRワゴンをキレイに大事に乗っているか乗りっぱなしできちんとメインテナンスを行っていないかなど査定員が評価していきます。企業間でスズキMRワゴンの車両相場はある程度決まっていますが、あくまでも目安です。この基準相場から上下数万円も前後することは査定員で決まってきます!!

愛車MRワゴンを無料査定してもらう前に、近隣にある洗車場やガソリンスタンドで外装も内装も綺麗にしてから査定してもらいましょう。もちろん長く使ったスズキMRワゴンなので自分でキレイにするのも良いとおもいます。

特徴

スイフトは2000年に登場した小型乗用車です。軽自動車Keiの車幅を拡張し、1300CCエンジンを搭載したことで、軽量ゆえの軽快な走りをもたらす異色の車となりました。

また、大径タイヤ装着がもたらす余裕のあるロードクリアランスを活かして、RV用途や地方における巡回業務にも重宝されたほか、ラリー参戦によるスポーツイメージも併せ持つ存在となりました。

また、79万円という新車価格を見て、泣いていた赤ちゃんが笑顔になるCMで一躍有名になったことも記憶に新しいところです。その後、2代目モデルで大胆な変身を遂げ、初代モデルの持つRVっぽい雰囲気は皆無となり、都会的なエッセンスを持つスタイリッシュなデザインへと生まれ変わりました。フェンダーアーチを強調した筋肉質なデザインと、フェンダー幅の近くまでトレッドを広げて装着した大径タイヤが、コンパクトボディとワイドトレッドが織りなす「小顔効果」とも言うべき流麗さと力強さを発散していました。

そして、2代目の正統進化と言えるデザインで2010年に登場したのが、3代目モデルとなる現行のスイフトです。正統進化だけあって、見た目の印象は先代モデルとさほど変わっていませんが、エンジンは1200CCにダウンサイジングし、CVT(副変速機構付)と5速マニュアルミッションを設定しています。

2013年のマイナーチェンジでは、デュアルインジェクション機構付のエンジンを採用したほか、減速時のエネルギーを再利用する「エネチャージ」搭載グレードを設定し、最高26.4km/Lというトップクラスの燃費性能を発揮するなど、商品力のさらなる強化を図っています。

はじめての方にもおススメ!

車買取り車買取り

スズキ MRワゴンをわずか60秒の簡単入力で複数社に無料一括査定することで最高値を提示してくれる買取り店をみつけることができます。
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない から、気軽に05月24日現在の査定額をチェックしてみよう!
ズバット査定スタート! 【無料】一括査定スタート!

 

買い取り査定の口コミ一覧
投稿者 車種 走行距離 査定額

 

 

MRワゴン値引き!
スズキMRワゴンをさらに値引きして購入する方法。